失敗しない減量と間違った減量方法

失敗しない減量と間違った減量方法

大手通販サイト3社のレビュー点数をまとめたランキング!

減量に成功して体重が減っても喜ぶことは禁物

人間の身体には色々な成分や物質によってできていますので、どれが減って体重が落ちたかが減量では重要です。

 

血液や水分、脂肪分、その時食べたものなど、体重の内訳はその時々でも違います。

 

体脂肪を減らしたくて減量に取り組んでいる人は多いですが、それ以外のものが減ることもあります。

 

血圧が高くなりすぎたり、血糖値が上がり過ぎないよう、体脂肪を相対的に多くしないようにしましょう。

 

体の中に蓄えられている脂肪が過不足のない状態にしておけるように、多すぎる時はダイエットなどで減らすことが大切です。

 

栄養のバランスのいい食事を摂って、運動不足を解消することが減量には有効です。

 

脂肪を減らせなければ、痩身効果が出たとは言えないこともあります。

 

脂肪以外の成分が減ったせいで体重が減った場合、健康な身体にはなれていないので、注意が必要です。

 

筋肉が減ったせいで体重が落ちていることもあります。

 

食事を減らすと、筋肉が分解されていることがあります。

 

体を構成する物質として筋肉はとても重要なものです。

 

体を支えるためにも、運動のためにも筋肉が必要です。

 

効果的な減量をするためにも、筋肉は大事です。

 

筋肉が減ると代謝が低くなり、リバウンドも発生しやすくなります。

 

体脂肪をしっかり減らして体重を落とせるように、減量をスタートする時にはどんな方法で痩せるかが大切です。

失敗しない減量のために注意すべき点について

筋肉量は保持し、体重を落とすことが、健康的な減量を実践する際のポイントです。

 

減量をする人の中には、体重が下がることだけを目標にして、他の要素をおろそかにしている人も多いようです。

 

きれいになりたいという目的も、健康になりたいという目的も、体重が減ることで達成できると思い込んでいる人もいますが、それは正しくはありません。

 

けれども、体重だけを気にしていると、結果的に身体によくない影響をもたらしてしまうことがあります。

 

体脂肪を減らすことで減量効果が現れていればいいですが、筋肉が衰えたことで体重が落ちてしまっていることもあります。

 

減量のためとは言え、体重を減らすという事だけに注力してしまうとこの罠にハマってしまいますので、出来るだけ脂肪だけを落とし筋力は維持できるように頑張りましょう。

 

筋肉トレーニングをダイエットプランに組み込むことで、筋肉の減量を防ぐことが可能です。

 

一日のカロリー摂取量を減らしてダイエットをする場合、あまりに食事量が少なすぎると筋肉が減ってしまう恐れがあります。

 

適度な運動をして筋肉を鍛えつつ、食事内容の改善をすることが大事です。

 

食事を減らすだけの減量はお勧めできません。

 

筋力低下は健康を阻害する要因になります。

 

体重が減っても、不健康な身体になっては意味がありません。

 

運動と組み合わせて健康にいいダイエットをすることが、身体に悪影響のない減量をするためには必要です。

 

脂肪燃焼と筋肉量に注目したダイエットこそが、失敗しない理想的な減量方法と言えます。

食事を制限するだけのダイエットは間違った減量方法

バランスのとれた食事を摂ることと、積極的に体を動かすことの2つが、減量では大切になります。

 

多くの人がダイエットに取り組んでいますが、様々なダイエット方法がある中、カロリー制限による減量をする人が特に多いようです。

 

たしかに摂取するカロリー量が、1日に消費するカロリー量を超えなければ、理論上は減量することが可能です。

 

けれども、食事量を少なくすると、ダイエットがうまくいった後にダイエット前の食事を摂っただけでリバウンドを起こしてしまいます。

 

食事の量を減らして体重を無事に落とすことができたとしても、元通りの食事にするだけで体重が元の数字かそれ以上に増えてしまいます。

 

一時的にカロリーの供給が途絶えると、人体は代謝を下げてエネルギーを節約しながら使おうとします。

 

そのためカロリー摂取量を戻すと余剰のカロリー残り、それが体脂肪になります。

 

生物が生き残るためには正しい反応なのですが、減量をする時には厄介な機能です。

 

この機能は取り外しがきかないので、どのようにつき合ってくかが大事になります。

 

人間の生まれつき持っている性能が原因で、カロリー制限で減量をしてもリバウンドするわけです。

 

この連鎖を断ち切るには、無理な食事制限でカロリー量を減らすのではなく、運動をして消費カロリーを増やすことが大切です。

 

食事を少なくしすぎるとリバウンドによって太ってしまう可能性があることを踏まえて、運動量を増やすようにします。

 

食事等で摂取するカロリーと、運動や生命維持で使うカロリーを、どのようにしてつり合いをとるかが大事です。

 

食事の量を少なくしすぎると身体に負担がかかりますので、運動量を増やして、体に無理のかからない減量をしましょう。

トップへ戻る